アルバイトの面接で重要なこと

アルバイトをしたいと思った時、まずは面接を受ける必要があります。その際、自分のことを記した履歴書が必要となりますが、何をどう書いていいのか迷うところでしょう。しかし、アルバイトの面接では、履歴書の内容自体はそれほど問われません。もちろん、写真がプリクラであったり誤字だらけであったりなどは問題外ですが、書いてあることが一般的なことであれば大丈夫です。履歴書よりも、面接時の態度が一番重要になります。まず、遅刻は絶対に避けましょう。遅刻は責任感がないということにも繋がり、勤務時に遅刻をすることは周囲に多大な迷惑をかけます。そして、次は言葉遣いです。特に、接客業ではお客さんと会話する機会が多くなるので、失礼のない言葉遣いが必ず求められます。過剰な敬語は必要ありませんが、丁寧な言葉遣いができるかどうかは必ずチェックされるポイントです。また、その他の立ち振舞いとして、ドアをしっかり閉められるか・相手の顔を見て話すことができるかなど、話し相手に与える印象も重要です。明るい印象を与えられるように、ハキハキと聞き取りやすい大きな声で話すようにしましょう。そして、態度以外の面で重要なのはシフトです。企業側は働き手を求めているので、働く時間がマッチしなければ困ることになります。応募の時にある程度の確認はしますが、面接時にも働ける時間を正確に伝えておくことが大切です。また、どうしても入れない曜日や時間も伝えておくと、採用後の問題が起きにくくなります。以上の点を注意しておけば、採用される確率が高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です