面接で注意すること

バイトの面接を受ける場合、気を付けておきたいポイントがあります。まず、面接当日の服装です。アルバイトの面接は、スーツを着なくてもよい場合があるので、事前のチェックが欠かせません。アパレルショップや雑貨などのスタッフとして応募する時は、私服で面接を受けた方が自分のセンスを表現できます。スーツがいいのか私服がいいのかは企業によってまちまちなので、十分注意しておきましょう。もちろん、面接でTシャツ一枚やサンダル履きなどは絶対にNGです。カジュアルファッションではなく、シャツにブレザーなど最低限フォーマルな服装にすることが大切といえます。そして、面接は履歴書には書ききれなかった志望動機や細かな要望を、互いに聞き出す場所でもあります。事情があり、出勤できない曜日や掛け持ち勤務の希望がある方は、面接の場で伝えておくようにしましょう。企業側は、シフトの件も視野に入れて採用・不採用を決めるので、採用されてから勤務できない曜日を伝えるのは危険です。また、面接段階で聞いておきたいのは、昇給の問題ではないでしょうか。バイトは正社員と異なり時給がアップしないと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。企業によっては、長く勤務する事で一律にアップするところもあります。そのため、事前に確認しておきましょう。もしも昇進と昇給がセットになっている場合、自分の働き振りが認められなければ時給が上がらない事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です