面接で緊張せずに話すためには

アルバイトの面接で緊張してしまい、上手く話せないという方も少なくありません。しかし、実際には、本人が考え込んでしまうほど気負う必要はない場合がほとんどです。とはいえ、最低限としてのマナーや相手に対する配慮・挨拶などは、もちろん必要となります。緊張してしまう人の中には、まず最初の挨拶がはっきりと言えなかったりする人もいるようです。その理由として挙げられるのが、恥ずかしい気持ちが前に出て上手く言えないというケースです。口下手で、人と対面するようなシチュエーションでしっかりした挨拶ができないという方は、面接の最初の段階で緊張していますという旨を、正直に面接官に伝えてみましょう。素直に誠実にそう伝えることで、相手側にも誠意は伝わるはずです。その上で、返事をする際にはできるだけしっかりと返事をして、はっきり発音するように心掛けます。話す際の表情も大事なので、明るく話せるように練習しておきましょう。その際に、相手側の目をしっかり見れないという方は、目だけを見つめ続けるのではなく相手の口元などを見たりすることで調整していくと、自然な感じで視線を送れるようになります。上手に話そうとすると言葉が続かなくなることがあるので、必ずしも多くを語ろうと意気込むのではなく、誠意を伝えるつもりで相手と向き合いましょう。緊張して頭が真っ白になり、話したいことを忘れてしまう人もいます。しかし、聞きたいことや話したいことをいくつか絞って、予めメモして頭に入れておくと本番でも安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です